Press & Event Information

2015年6月18日 16:00

ラティス、3D PDF指示書を自動生成するソリューションを提供
- 新オプションで、誰でも手軽に閲覧可能な作業指示書を作成可能に -

2015年6月18日、東京(日本) - ラティス・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 鳥谷浩志、以下、ラティス)は、DMUツール「XVL Studio」上で、3Dアニメーション付きの作業指示書をPDF出力可能にする「工程用 PDF テンプレートオプション」(以下、新オプション)を、6月30日より発売します。
ラティスの軽量3次元データ「XVL」は、世界レベルの3D基本性能を持つことから、その活用ソリューションは国内外の数多くの製造業で採用されています。特に大規模製品を扱う製造業では、大容量3Dデータを利用した組立工程の検証にXVLを利用するケースが増えています。「XVL Studio」の中で定義された組立工程は、製造現場への3Dでの作業指示書に活用することが可能なので、製造現場からは、誰でも手軽に3D指示書を表示できるようにしたいという要望がありました。

新オプションを利用すれば、XVL内に定義された工程情報を利用して、3D PDF形式で作業指示書を自動出力できます。生成されたPDFは、製造現場にあるパソコン上のAdobe Reader で、誰でも手軽に閲覧できます。「XVL Studio」で定義した通りに、組立工程とそれに対応する組立状態を3Dで表示する、また、組立手法をアニメーションで再生することができます。さらに、自社仕様の指示書のレイアウトで、PDFテンプレートの編集をすれば、その形式で3D PDFに出力することも可能です。ただし、テンプレートの編集には、Adobe Acrobat XI Pro が必要です。

Adobe Reader は多くのパソコンの出荷時にバンドルされているので、製造現場のITに疎い人でも、PDFの指示書を3Dで手軽に再現することができます。通常のPDFを扱う感覚で、3Dの組立アニメーションを再生できるので、海外の製造拠点にも作業指示を的確に伝えることが可能です。

◆イベント情報:新オプションは、下記2つのイベントで展示いたします。
‐ 第26回 設計・製造ソリューション展(DMS)
・日程:2015年6月24日(水)~26日(金)
・場所:東京ビッグサイト
・イベントサイト:http://www.lattice.co.jp/ja/cms/event/2445/dms2015
‐ XVL 3次元ものづくり支援セミナー2015 名古屋会場
・日程:2015年8月28日(金)
・会場:愛知県産業労働センター ウインクあいち(愛知県名古屋市)
・イベント告知サイト:http://www.lattice.co.jp/ja/cms/event/2300/150828nagoya

ラティス・テクノロジーは3Dデータを広範に活用する手段を提供することで、製造業のグローバル分業を支援します。

図2

[ 動作環境 ]

製品名称工程用 PDF テンプレートオプション
(英名:Process PDF Template Option)
製品構成XVL Studio Standard / Pro のオプション製品
対応バージョンXVL Studio Ver.13.2b~
発売開始2015年6月30日~

[ 価格情報 ]

ライセンス定価700,000円
年間保守定価140,000円

別途、消費税が発生します。


[ 用語説明 ]

「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。


[ お問い合わせ先 ]

ラティス・テクノロジー株式会社 技術コンサルティング本部
マーケティング担当 福原
E-mail : casual3d@lattice.co.jp
TEL   : 03-3830-0333   /  FAX   : 03-5805-5253