Press & Event Information

2017年5月16日 15:00

ラティス、ものづくり全工程を一気通貫する3D活用インフラを提供 ~設計情報の全社共有で、製品のリードタイム短縮、品質向上に貢献~

2017年5月16日、東京(日本) -ラティス・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 鳥谷浩志、以下、ラティス)は、ものづくりの全工程を一気通貫する設計情報活用(以下、XVL パイプライン)を実現するデータ管理ソフトウェア XVL Contents Manager 3.0(以下、XCM)を5月16日より販売開始します。

ラティスの軽量3Dデータ「XVL」は、世界レベルの基本性能を持つことから、3D活用ソリューションとして製造業で幅広く採用されています。昨今、XVL 活用が広がるにつれ、正しい設計情報に対応するXVL と、そこから作成された作業指示書、イラストデータなどを全社の関係部門でコラボレーションできる環境へのニーズが高まっていました。

そこで今回、正しいXVLと帳票を最新の状態で共有することで、設計や製造の課題解決とユーザー業務の改善を促進するデータ管理ソフトウェア XCM を開発しました。XCM を用いると、設計変更への追従が容易になるので、早期に帳票作成に着手することができます。また、適切な作業指示書、イラストデータなどに従って業務を進めることで、製品のリードタイム短縮、品質向上を実現できます。さらに、設計途上の3DモデルをXVL変換し、XCMで共有すれば、デザインレビューや工程検討を効率的に進めることが可能です。この結果、仕向地ごとの設計モデルをXVLで再現して、迅速なデジタル検証も実施できます。

ラティスは、XCMの機能拡充により、設計情報を全社活用するXVLパイプライン構想を推進する考えです。

図_170510

《特徴1》 設計変更連動による帳票の自動更新
作業指示書、イラストデータといった帳票に対する設計変更の影響をXCM の中で見える化し、自動更新することで、常に最新の設計情報にもとづいた帳票を参照できます。これにより、設計変更の反映漏れによって古い情報を参照したといった手戻りを防止します。

《特徴2》 XVL による設計変更の見える化
「仕掛」、「試作出図」、「生産準備」、「公開/非公開」といったステータス情報を保持して設計変化点をXCM の中で見える化することで漏れなく、かつ簡単に設計変更に追従することが可能です。設計の仕掛中から生産技術、製造、サービス部門で帳票作成に着手できるので、全社の作業を前倒しできます。

《特徴3》 全社3D 活用の早期立上
システム管理者はセキュリティなどの全社方針に沿ったシステム管理、部門のシステム担当者は自部署内のユーザー追加・削除や実業務に必要なデータ管理というように、管理業務を適切に分担することが可能です。各部門に最適なシステム設定ができるので、全社運用を早期に定着、業務効果を出すことができます。


【お知らせ】
XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017 東京会場を5月19日(金)開催!
詳細・お申し込みはセミナーサイト


※メディア掲載情報
・日経テクノロジーオンラインに取り上げていただきました。(記事はこちら
・MONOistに取り上げていただきました。(記事はこちら

[ 製品情報 ]

製品名XVL Contents Manager 3.0

[ 動作環境 ]

XCM Hub :OS*Windows Server 2008 R2 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
XCM Hub :Java 実行環境**Java SE 7 64ビット版 / Java SE 8 64ビット版
XCM Hub :Java EE アプリケーションサーバー*Apache Tomcat 7 / Oracle WebLogic Server 12c
XCM Hub :HTTP サーバーApache HTTP Server 2.4
Microsoft Internet Information Services 8.5
XCM Hub :データベース管理システム***Oracle Database 11g / Oracle Database 12c
Microsoft SQL Server 2012 / Microsoft SQL Server 2014
XCM Hub :LDAPサーバーMicrosoft Active Directory
XCM Agent :OS*Windows 7 64ビット版 / Windows 10 64ビット版
Windows Server 2008 R2 / Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2 
XCM Agent :Java 実行環境**Java SE 7 64ビット版 / Java SE 8 64ビット版
XCM Agent :XVL 製品****Lattice3D Reporter Publisher Ver. 8.0a 以上
XVL Web Master Ver. 11.0 以上
iXVL Publisher Ver. 3.1 以上

*どのエディションでも可能です。
**Java SE 8 を推奨します。
***Express Edition はサポートしません。
****業務要件に応じてインストールします。Lattice3D Reporter Publisher をインストールする場合はMicrosoft Excel が必要です。


[ 価格情報 ]

XCM Contents Manager
ライセンス 10,000,000円 年間保守 2,000,000円
XVL Contents Manager Agent クラスタリング オプションライセンス 1,000,000円 年間保守 200,000円
XCM Contents Manager 大規模データリンクオプションライセンス 1,500,000円 年間保守 300,000円
XCM Contents Manager 外部システム連携オプションライセンス 3,000,000円 年間保守 600,000円

[ 用語説明 ]

・ 「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の商標、または登録商標です。
・その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。


[ お問い合わせ先 ]

当プレスリリース関するラティス・テクノロジーへのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
ラティス・テクノロジー株式会社 技術コンサルティング本部 マーケティング担当 福原
E-mail : casual3d@lattice.co.jp TEL : 03-3830-0333  / FAX : 03-5805-5253