Download

XVL Player ダウンロードに関する注意事項

XVL Player には Ver. 8.xと Ver. 9 以降 の2種類があります。
両バージョンは同一マシン内に共存できますが、以下のコンテンツ・データは、XVL Player Ver. 8以前、XVL Player Ver. 9 以降のどちらを起動するかが、コンテンツ・データ内で指定されています。

  • XVL Player を埋め込んだ HTML コンテンツ
  • XVL Player を埋め込んだ Microsoft Office データ
  • XVL Web Master が生成したコンテンツ
  • XVL Player Pro SDK / XVL Player SDK 用のコンテンツ

XVL Player単体でXVLファイルを開く時(HTMLへの埋め込みではない場合)、どちらのバージョンを起動するかは個別に指定することはできません。
後でインストールしたバージョンの XVL Player が起動します。ただし、上記のコンテンツ・データを開く時は、コンテンツ・データの作成時に指定したバージョンの XVL Player がインストールされてない場合には、コンテンツ・データは正しく表示されないので、ご注意ください。

また、XVL Notebook、XVL Notebook Viewer をご利用の際は、 Ver. 8.x 以前が必要ですので、ご注意ください。

インストールする前に 動作環境インストールの際の注意点 をご確認ください。
ご使用のブラウザにより、ダウンロードするファイルが異なりますのでご注意ください。
インストール時には 表示される使用許諾契約書を必ずご確認ください。

インストールの際のご注意

※1 Ver. 8 以前の Player と、同一マシン内に共存可能です。
上書きインストールにはなりませんので、Ver. 8 以前が不要な場合は予めコントロールパネルよりアンインストールを行ってください。
※2 Ver. 8 以前と Ver. 9 以降
が同一マシン内に共存している状態で一方をアンインストールすると、もう一方も正常に起動しなくなります。この場合、必要なバージョンを再度インストールしてください。

その他注意事項は、製品インストール後「ReadMe」にてご確認ください。

インストール方法

・インストールファイルダウンロード

インストーラーパッケージをダウンロードして、ローカル環境でインストールする方法です。 直接インターネットに接続していない PC にインストールする場合は、こちらをご利用ください。 ダウンロードしたファイルを実行し、 自動解凍後、インストーラが起動しますので、指示に従ってください。

その他の注意

Windows NT, 2000, XP をご利用の場合、XVL Player のインストールには、Administrator 権限が必要です。Administrator 権限のあるユーザで作業を行ってください。 インストール時に表示される 使用許諾契約書 を必ずご確認下さい。 Ver6.0より、Internet Explorer 版のインストーラーの形式が、Netscape 版と同様の一般的なアプリケーションで広く用いられている形式のものへと変更されました。 これにより、以前よりもインストールの作業が容易になりました。

既に XVL Player Ver. 9.0 がインストールされている環境に対して更新インストールを行うと、「スタート」→「プログラム」 内に、次の2つのメニューが存在する状態となります。
  • "XVL Player (Ver. 9 以降) " (名称の後ろに半角スペースあり)
  • "XVL Player (Ver. 9 以降)" (名称の後ろに半角スペースなし)
この状態が、本ソフトウェアの動作へ影響を与えることはありません。
また、本ソフトウェアのアンインストールを行うと、この2つのメニューは削除されます。
なお、本ソフトウェアをインストールする前に、XVL Player Ver. 9.0のアンインストールを行うことで、この現象は回避することができます。

お問い合せ

ご不明な点等ご質問につきましては、ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡下さい。