Product Info

XVL システム構築・カスタマイズ製品

XVL を使ったアプリケーションの開発や、システム構築を支援するツールキットです。

XVL Player Pro SDK

用途に合わせてビューワの画面をカスタマイズする開発キット
適用業務に合わせ、XVL Playerをカスタマイズする開発環境を提供します。よく使う機能をまとめることで、操作を簡単にし、3D データの活用と普及を推進します。HTML,Microsoft Office, Visual Basic でオリジナルビューワの開発が可能です。

XVL Kernel

用途に合わせてLattice3D Reporterをカスタマイズする開 発キット
Lattice3D Reporter SDK は,Lattice3D Reporter ( Ver. 4.0 ) 以降を利用して Microsoft Excel 上で任意の3Dコンテンツおよび Microsoft Excel アドインを 開発する ためのSDKです。適用業務に合わせてオリジナル帳票を完全自動作成が可能にな ります。

XVL System Toolkit

XVL のバッチ処理を実現するためのソフトウエアです。 XVL のデータサイズを更に削減するためのツールと、 XVL ファイルのマージ / 分解などの加工を行うツールおよび、 属性の一括取得、変更などの機能を提供するツールで構成されます。 この三つのツールはすべてコマンドラインプログラムとして提供されるので、 XVL を一括処理または自動処理するシステム構築に利用できます。

XVL のデータサイズを更に削減するための機能として「概略化」機能を提供します。概略化の代表的な機能は 3D モデルの内側にある面を除去する機能です。内側の面は 3D モデルを分解したり、切断したりしない限り表示されないため、外形形状のみが必要な応用では除去しても差し支えありません。この機能を用いれば XVLのデータサイズを更に小さくできます。また、3D モデルの内部構造が秘匿されるので、3D モデルの流出による機密漏洩の防止にも効果があります。

[ 動作環境 ]

対応機種 IBM PC またはその互換機
OS Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1
Windows Server 2003 / Windows Server 2008 /
Windows Server 2012
CPU 300MHz の Intel または AMD CPU (1GHz 以上の Intel または AMD CPU を推奨)
メモリ 256MB 以上 (大容量データを扱う場合は 1GB 以上を推奨)
HDD 50MB 以上の空き領域 (インストールドライブ)
扱う XVL ファイルサイズの 5 倍以上の空き領域(システムドライブ)

XVL Kernel

Microsoft Windows 上で XVL ファイルの読み書きと3次元の形状処理などを行うための C++ クラスライブラリです。 XVL Kernel を用いることにより XVL を処理する独自のプログラムを開発することができます。特に、他のXVL 製品が提供していない機能を実現したり、バッチ処理を実現する場合に利用されています。

XVL Kernel は XVL データの表現と処理に必要なすべてのクラスを提供します。 例えば、3D 形状を表現する 立体、面、線、点 などのクラス、 構成ツリーを表現するグループのクラス、 3D 表示に関連する カメラ、ライト、テクスチャ、マテリアルなどのクラスがあります。

提供する主な機能は以下の通りです。
ファイル入出力
・構造操作
・形状操作
・ポリゴン化
・その他のデータの操作
 カメラ、ライト、マテリアル、テクスチャ・注記、寸法・レイヤ、工程・属性データ

XVL Kernel を用いて開発したソフトウエアを利用、販売する際には,ソフトウエアの価格に応じたランタイムロイヤリティをいただきます。

開発環境

Microsoft 社 の Visual C++ 6.0 のライブラリとして提供されます。
Visual Studio 2002 / 2003 / 2005 / 2008 / 2010 でも利用できますが、 この場合 別形式の 3D ファイルの読み書きなど、一部の機能に制限があります。

オプション

IGES I/O・IGES In・Parasolid In・DESIGNBASE I/O・DXF I/O・OBJ I/O・STL I/O・3DS I/O・ポリゴンデータ軽量化機能・集合演算(ポリゴンレベル)・CAD データ軽量化機能・CAT視覚化・CAE視覚化

XVL製品に関してのお問い合わせ・資料請求は下記よりお願い致します。