ニュース

ラティス・テクノロジーから発信する情報

プレスリリース

ラティス、超大規模3Dデータの読込・保存を劇的に高速化
新オプション利用で3Dを利用した編集作業を大幅効率化

2015年4月8日

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 鳥谷 浩志、以下、ラティス)は、超大規模3Dデータの読込*1・保存を劇的に高速化したXVL Studio 『大規模データリンクオプション』(以下、新オプション)を、4月20日より販売開始することを発表致します。

ラティスの軽量3Dデータ「XVL」は、世界トップ水準の基本性能を持つことから、そのソリューションは自動車、航空機、造船や列車といった大容量3Dデータを扱う製造業で幅広く導入されています。こうした産業では、3Dデータの規模が大きくなるため、実機の代わりにデジタルモデルで検証するDMU(Digital Mock Up)や取扱説明書用のイラスト制作時にラティスの主力製品であるXVL Studioシリーズを利用してきました。

今回の新オプションを利用すれば、形状は参照するだけとなり、編集結果だけ保存するので、数百MBのXVL(3D CADデータで数GBに相当)でも、保存時間が最大で100 分の1に、読み込み時間*1も約8倍速くなり、編集作業を効率的に進めることができます。自動車のイラストを作成する場合のように、大規模データを利用した業務では、バリエーションの異なる複数モデルを読み込み、数百数千のイラストに対応した3Dの表示状態を、モデルを分解したり特定の視点設定を行うなどして、スナップショットとして記録します。こうした大量のスナップショットがあっても、データ保存の時間が短縮され、作業の待ち時間が減るなど、作業の効率性を著しく向上させることができます。

尚、新オプションは、2015年5月22日(金)に東京都品川のコクヨホールで開催される『XVL 3次元ものづくり支援セミナー2015』東京会場でラティス・テクノロジーブースにて、製品展示いたします。

     【超大規模データを扱う場合の新オプションによる3つのメリット】
       1.圧倒的なXVL読込、保存時間短縮による作業効率改善
       2.スナップショットを大量に利用する業務を支援
       3.保存ファイルサイズの軽量化による、保管ディスク容量の削減

*1:初期読込時間
*2:編集結果のみ保存


【掲載情報】 日経テクノロジーオンラインの記事に取り上げて頂きました。記事はこちら

製品情報

販売開始日 2015年4月20日
製品正式名称 大規模データリンクオプション (英名:Huge Data Link Option)

・XVL Studio Standarad または Proのオプション
・Node/Float に対応

価格情報

ライセンス定価 ¥300,000
年間保守 ¥60,000

1ライセンスあたりの税別価格


用語説明

*「XVL Studio Pro for MREAL」はキヤノンITソリューションズ株式会社取扱製品です。
*「MREAL」はキヤノン株式会社の商標または登録商標です。
*「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の商標、または登録商標です。
*その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

当プレスリリース関するラティス・テクノロジーへのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
ラティス・テクノロジー株式会社 技術コンサルティング本部 マーケティング担当 福原
E-mail:casual3d@lattice.co.jp TEL:03-3830-0333 / FAX:03-5805-5253

プレスリリース