ニュース

ラティス・テクノロジーから発信する情報

プレスリリース

ラティス、3Dと点群モデルを融合した新たなハイブリッドDMUを発表
~ 新製品「XVL Studio Hybrid」の出荷を開始 ~

2015年10月20日

ラティス・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 鳥谷浩志、以下、ラティス)は、点群モデルとXVL を融合して検証、かつ、データ共有を可能にするハイブリッドDMU ソリューション「XVL Studio Hybrid」(以下、新製品)をリリースします。

ラティスの軽量3 次元データ「XVL」は、世界レベルの基本性能を持つことから、3 次元CADの大規模データを扱うソリューションの基盤として、国内外の数多くの製造業で採用されています。昨今、製造業では3Dスキャナの普及に伴い、既存の設備や工場を計測し、その点群モデルを生産性や品質の改善に活用しようという動きが加速しています。このため、点群モデルを3Dモデルとシームレスに融合して検証し、それを設計品質向上や施工手順検討に役立てたいというニーズが高まっていました。

そこでラティスは、大手自動車設備、部品メーカーである大豊精機株式会社 (本社 愛知県、代表取締役社長 佐藤 理通、以下、大豊精機)と、点群モデルをXVLと融合して検証するソリューションを共同開発、これを製品化しました。新製品では、点群モデルをXVLと同等に扱うことができるので、XVLソリューションの提供する幅広い機能を点群モデルにも適用することができます。自動車産業向け生産設備を開発する大豊精機では、この新製品を設備設計や設置検討に広く活用しています。


新製品では点群データと3Dモデルを読み込み、それを計測、断面表示したり、注記を作成することができます。また、点群データを自由に分割・結合できるので、作業単位に分割することで、3Dモデルと同じように分解・組立検討を行ったり、問題箇所をスナップショットとして保存することができます。点群モデルと3Dモデルを同じXVLとして保存できるので、無償のXVL Playerで課題箇所を3D表示することで、関連部署との協調作業を支援します。また、別売のLattice3D Reporterを利用すれば、点群モデルをそのまま利用した、3Dアニメーション付きの分解指示書を作成することも可能です。

なお、新製品に搭載した主要機能は、上位製品の「XVL InfiPoints」の中でもそのままご利用いただけます。

▼利用例▼
既存設備を搬出する際、設備を計測した一塊の点群モデルを分解単位にグループ化し、さらに分解手順をXVLの工程機能により定義し3Dアニメーションで再現することで、分解・搬出を詳細に検討できます。


▼イベント・セミナー出展情報▼
新製品は、11月6日(金)開催の「3次元計測データとXVLの統合による業務変革セミナー」(ラティス主催、開催地 :東京)と、12月11日(金)開催「第3回プラント3次元計測フォーラム」(合同会社スパーポイントリサーチ主催、開催地:横浜)で展示予定です。

《大豊精機株式会社》
大手自動車設備、部品メーカーである大豊精機株式会社は愛知県豊田市に本社と生産拠点を構え、主に自動車工場の生産設備、搬送設備、プレス金型や自動車足回り部品の試作~量産製造までを手掛ける「モノづくり企業」です。( http://www.tsk.taihonet.co.jp  )

製品情報

名称 XVL Studio Hybrid
販売開始 2015年10月20日~

XVL Studio 製品の新グレードとなります。


価格情報

製品定価 ライセンス 2,500,000円 年間保守  500,000円

XVL Studio Basic/Standard/Pro導入ユーザー様は、差額費用*にてアップグレードが可能です。
* 詳細はお問合せ下さい。

用語説明

・ 「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の商標、または登録商標です。
・ その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

当プレスリリース関するラティス・テクノロジーへのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
ラティス・テクノロジー株式会社 技術コンサルティング本部 マーケティング担当 福原
E-mail:casual3d@lattice.co.jp
TEL:03-3830-0333 / FAX:03-5805-5253

プレスリリース