ニュース

ラティス・テクノロジーから発信する情報

プレスリリース

CADデータを利用したタブレット向けサービスドキュメントの3D配信を実現 ~新製品『 XVL Web3D Manager 』で顧客満足度向上に3Dデータ活用可能に

2018年4月11日

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、タブレットやスマホなどマルチデバイス環境で利用可能な3Dコラボレーションを実現する新たなWebソリューション『 XVL Web3D Manager 』(以下、新ソリューション)を2018年4月27日(金)に販売開始します。

ラティスの軽量3Dデータ「XVL」は、世界レベルの基本性能を持つことから、3D活用ソリューションとして製造業で幅広く採用されています。XVL活用が広がるにつれ、設計情報に対応したXVLを社内活用するだけでなく、そこから作成された 3D サービスドキュメント類を、社外のエンドユーザーやディーラーへ配信し、顧客満足度の向上につなげたいというというニーズが高まっています。

ラティスはこれまで、設計の3Dモデルからイラストを簡単に生成し生産性向上を実現するサービスドキュメント作成ソリューションを提供してきました。しかしながら、作成されたマニュアルやパーツカタログは紙で流通しているため情報が更新されない、流通コストが高いといった課題がありました。一方、デジタル配信するには利用者の多様な閲覧環境に対応できていないという課題がありました。

そこで、新ソリューションではCasual3Dという『いつでも、誰でも、どこでも。もっと、もっとCasualに』をコンセプトに、XVLの3Dモデルをそのままサービスコンテンツとしてタブレット端末向けに配信可能にしました。3Dアニメーションでサービス手順を分かりやすく可視化できるので、利用者は自分の利用しているブラウザで直感的に手順を理解できます。

設計の大規模3Dモデルを利用して、サービスドキュメント作成からタブレットへの配信まで1つのフォーマットで一気通貫するというXVLならではの特徴で、製造業サービス部門のドキュメント作成と配信作業を劇的に効率化します。

さらに、タブレットをかざすとあたかも目の前に3Dモデルがあるかのような、利用者が直感的に情報を把握できるコンテンツの提供も、今後予定しております。

新ソリューションは、5月11日(金)東京、8月3日(金)名古屋で開催する「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2018」(主催:ラティス・テクノロジー)に出展いたします。

新ソリューションに関する詳細・ご質問は、ラティス・テクノロジーにお問い合わせください。

製品情報

販売開始日 2018 年 4 月 27 日(金)
価格 ¥12,000,000~
*XVL Web3Dソリューション(社内用途向け)
*初期コンサル料金込み
*有償サービスを展開する場合には、別途年間利用料が必要となります。

用語説明

・XVL はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標または商標です。
・その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

当プレスリリース関するラティス・テクノロジーへのお問い合わせは下記にお願いいたします。
営業統括本部 マーケティンググループ 担当:福原 / TEL:03-3830-0333

プレスリリース