XVL運用基盤

XVLシステム構築・カスタマイズ

XVLを使用したアプリケーション開発、システム構築、カスタマイズを支援する製品

製品のご紹介

XVL Player SDK

用途に合わせてXVL Player画面をカスタマイズする開発キット

適用業務に合わせ、XVL Playerをカスタマイズする開発環境を提供します。よく使う機能をまとめることで、操作を簡単にし、3Dデータの活用と普及を推進します。
HTML、Microsoft Office、Visual Basic でオリジナルXVLビューワの開発が可能です。

Lattice3D Reporter SDK

用途に合わせてLattice3D Reporterをカスタマイズする開発キット

Lattice3D Reporter を利用して Microsoft Excel 上で任意の3Dコンテンツおよび Microsoft Excel アドインを 開発する ためのSDKです。適用業務に合わせたオリジナル帳票の完全自動作成を可能とします。

XVL System Toolkit

XVL のバッチ処理を実現するためのソフトウエア

XVLのデータサイズを更に削減するためのツールと、 XVLファイルのマージ / 分解などの加工を行うツール、および、属性の一括取得・変更などの3つのツール機能を提供します。この3つのツールは、すべてコマンドラインプログラムとして提供されるので、XVLを一括処理または自動処理するシステム構築に利用できます。

動作環境

対応機種 IBM PCまたはその互換機
OS Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows Server 2003 / Windows Server 2008 / Windows Server 2012
メモリ 256MB以上(大容量データを扱う場合は1GB以上を推奨)
HDD 50MB以上の空き領域 (インストールドライブ)
扱うXVLファイルサイズの5倍以上の空き領域(システムドライブ)

XVL Kernel

XVLファイルの読み書きと3次元形状処理などを行うためのC++クラスライブラリ

XVL Kernelを用いることにより XVLを処理する独自プログラムを開発することができます。特に、他のXVL製品が提供していない機能を実現したり、バッチ処理を実現する場合に利用されています。
XVL KernelはXVLデータの表現と処理に必要なすべてのクラスを提供します。例えば、3D形状を表現する 立体、面、線、点などのクラス、構成ツリーを表現するグループのクラス、3D表示に関連するカメラ、ライト、テクスチャ、マテリアルなどのクラスがあります。

動作環境

提供する主な機能 ファイル入出力、構造操作、形状操作、ポリゴン化
その他のデータの操作(カメラ、ライト、マテリアル、テクスチャ・注記、寸法・レイヤ、工程・属性データ)
開発環境 Microsoft社のVisual C++ 6.0のライブラリとして提供されます。
Visual Studio 2002 / 2003 / 2005 / 2008 / 2010 でも利用できますが、 この場合別形式の3Dファイルの読み書きなど、一部の機能に制限があります。 
I/Oオプション IGES I/O、Parasolid In、DXF I/O、OBJ I/O、STL I/O、3DS I/O、V-XVL
拡張オプション ポリゴン集合演算、CADデータ軽量化

XVLシステム構築・カスタマイズ製品に関する詳細やご不明はお気軽にお問合せ下さい。

XVL システム構築・カスタマイズ