ニュース

ラティス・テクノロジーから発信する情報

プレスリリース

ラティス、3次元CADデータを100倍に軽量化する技術を実現したラティスカーネルV2のライセンス供給を開始

1999年11月8日

ラティス・テクノロジー株式会社は 1999 年 1 月 8 日より、ソリッドモデリングカーネル( 3 次元アプリケーションを構築するためのツールキット )、ラティスカーネル V2 ( G1T1 レベル )のライセンス販売を開始する。ラティスカーネルはスケーラブルな構造をとっており、ゲーム用途 ( G0T0 レベル ) から CAD データの表示用途 ( G1T1 レベル )まで活用できるよう設計されている。ラティスカーネル V2 では、 CAD / CAM で扱われるトリム曲面を扱う仕組みを導入、CAD データを取り込み、データを大幅に軽量化することで、CAD データをネットワーク利用することを可能とした。

Windows上のミッドレンジCADが普及するにつれ、製造業の現場では、多数の3次元CADデータが蓄積されている。しかし、3次元CADデータは複雑な形状であれば、すぐに数十Mバイトのデータ量となり、ネットワーク環境での利用が著しく制限されていた。ラティスカーネルV2では、このCADデータを与えられた精度内で軽量化し、ラティス社の提唱するXVL(eXtended VRML with Lattice)表現に変換することで、従来のIGESデータと比較して100倍程度に軽量化する機能を実現した。これにより、設計製造分野でとどまっていた3次元データをそれ以外の幅広い分野で利用することが可能となった。たとえば、CADデータを3次元デジタルドキュメントや、インターネット上のバーチャルマーケティングに活用することができる。

従来の3次元カーネルと異なり、ラティスカーネルはネットワーク環境で3次元形状をデザインし、配信するシステムの基盤となることを目指している。このため、XVL形式というVRMLの拡張形式でのデータ入出力をサポートしている。このフォーマットは通常インターネット環境で利用される3次元表現形式であるVRMLより5-100倍程度の軽量表現が可能で、複雑な形状を極めて少ないデータ量でネット転送することが可能である。これまで、XVLを出力するためには、ラティスカーネルを内包したCADやCGシステムを利用してデザインする必要があった。ラティスカーネルV2を利用すれば、IGESなどの既存のCADデータを取り込み、これを軽量化して、XVL形式で出力することができる。ラティスカーネルを内包するブラウザであれば、これを3次元表示することができる。従来、ネットワーク上では、利用することが困難であった3次元CADデータを、非常に軽量化してデータを転送することが可能となった。

ラティス・テクノロジーでは、ラティスカーネルを広くCADベンダーや製造業で多数の3次元データを蓄積しているメーカーにライセンス供与していく。また、ラティスカーネルを利用した3次元データのネットワーク活用のためのソリューション構築を積極的に支援する考えである。

ラティスカーネルV2の特徴

1.ネットワーク転送に有利なXVL入出力機能
既存CADデータを軽量表現可能なXVL入出力をサポート。曲面を近似したポリゴンではなく、曲面データを直接に、圧縮表現するラティス構造を転送することにより、大きなデータ圧縮と高い精度の曲面データ転送を同時に実現します。従来のネット転送の標準フォーマットであったVRMLと比較しても10倍以上のデータの軽量化が可能です。

2.圧倒的な形状の軽量化機能をサポート
ラティスカーネル(G1T1レベル)では、CADデータを読み込んで軽量化する機能をサポートしました。CADデータの持つ複雑なトリム曲面情報や、冗長な位相情報(形状データを構成する要素のつながりを示す情報)をラティス表現に変換、軽量なXVLデータで表現可能にします。精度を与えるだけで、簡単に形状を軽量化、ネットワーク利用できる3Dデータに変換します。CADデータの取り込み口としては、IGESとリコー社のソリッドカーネルDESIGNBASEのデータを取り込むことを可能としました。

3.スケーラブル軽量カーネル
ラティスカーネルは従来の3次元ソリッドカーネルと異なり、データ構造レベルでのモジュールの取捨選択が可能。最小構成のG0T0カーネルは非常にコンパクトながら、厳密な曲面を持ったソリッド構造をサポートします。G1T1カーネルはトリム曲面表現までサポート。ゲームから、エレクトリックコマース、電子3Dドキュメント、CG、CAD用のビューワまでの幅広い分野の3Dアプリケーションの基盤ソフトとしての利用が可能です。

4.バーチャルワールドと実世界の架け橋
ラティスカーネルで表現された形状は、NURBS曲面形式のソリッドデータとしてIGES出力することも可能。また、ソリッドカーネルDESIGNBASEの形式でも出力することができます。デザインされたデータはCAD/CAMシステムへ渡し、詳細設計や加工にも利用できます。CAD/CAMデータをバーチャルなWEBデータへ、CGデータを曲面化してCADデータへと多彩な利用形態が可能です。

5.オブジェクト指向カーネル
ラティスカーネルはC++で書かれたオブジェクト指向のソリッドカーネル。3次元形状の生成、修正及び生成された形状の参照、属性の設定など、3次元処理に必要な機能を提供します。初心者向きにはスクリプト言語からも利用可能なActiveXコントロールインタフェースも提供します。

※ XVL Kernel の詳細はこちらのページでご確認いただけます。


用語説明

・XVL はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標または商標です。
・その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

当プレスリリース関するラティス・テクノロジーへのお問い合わせは下記にお願いいたします。
営業統括本部 マーケティンググループ 担当:福原 / TEL:03-3830-0333

プレスリリース