ニュース

ラティス・テクノロジーから発信する情報

お知らせ

【コラム】第3回.“ 働き方改革に効く ”サービスドキュメント作成ソリューション

2018年2月13日

XVL コラム

XVL による働き方改革

第 3 回. “ 働き方改革に効く ” サービスドキュメント作成ソリューション

2017年 3月、働き方改革の一環として、繁忙期の残業時間を 100 時間未満に規制するという政府案があり、喧々諤々の議論が起きました。

納期のある現場にとって繁忙期の仕事量は半端なく、どうしても働き方改革に逆行してしまうことは、どこの職場でも起こり得るのではないでしょうか。

なんとか年間で仕事量を平準化する手段はないでしょうか。

今回は弊社のサービスドキュメントのソリューションを適用して、マニュアルの作成にかける工数/費用を大幅に削減するとともに、仕事量の平準化に成功したお客様のお話しです。サービスドキュメント作成ソリューションは、導入して短期間で、大きな成果が得られることから多くのお客様にご導入いただいおり、事例も豊富にございます。

例えば、

  • 修理書のイラスト作成工数を 80% 以上削減(トヨタ自動車株式会社)詳細
  • パーツカタログの製作費 50% 削減、作成期間 30% 短縮(日立建機株式会社)詳細

旧来のマニュアルの作成フローでは、試作機の完成が起点となり、作業が始まり、工数/費用共に多大に掛かっていました。試作機の待ち時間が発生する一方、製品のリリースに間に合わせる必要があるため、ピーク時の仕事量も突出して高い状況でした。

サービスドキュメント作成のソリューションをご採用いただいた後、このお客様は、3D モデルを活用し、ボタン一つで線画を出力できるようになり、ドキュメント作成の手数/費用が大幅に軽減されました。また設計承認前の 3D モデルを利用してマニュアル類の作成が行うようになり、作業の早期着手ができるようになり、納期の短縮、また仕事量の調整をすることができるようになりました。

こちらのフロー導入後は、自分たちで 3D モデルを見れるようになったことでマニュアル作成のための、関係者からの問い合わせが激減し、設計部門からも評価されたとの話もお伺いしました。

今回ご紹介したサービスドキュメント作成ソリューションの詳細は、こちらをご覧ください。
また事例はこちらをご覧ください。

今回の執筆担当者:D

《バックナンバー》
第 1 回.“ 働き方改革に効く ”メカトロ検証ソリューション


第 2 回.“ 働き方改革に効く ”製造指示書作成ソリューション

今後もコラム掲載をお楽しみに!


コラムや製品に関するお問い合わせはこちら

お知らせ