図研オリジナル XVL Studio パッケージ

XVL Studio WR / XVL Studio Z

エレメカ連携の 3D 配線設計を実現する XVL Studio WR / エレメカハイブリッド DR を実現する XVL Studio Z

XVL Studio WR

XVL Studio WR は回路接続情報と連携した 3D ケーブル配線を可能にします!

XVL Studio WR では、配線対象の XVL データに回路 CAD( E3.series* )の接続情報を反映し直感的な操作で配線設計が行えます。さらに、XVL Studio Standard の機能を包含しているので、工程設計や製造指示書・サービスマニュアル作成などに設計した配線を有効活用できます。

* E3.series は、電気制御・電装設計の電気 CAD システムです。E3.series の回路図から XVL Studio WR へ接続情報やケーブル線種情報をシームレスに連携できます。(E3.series 詳細は株式会社図研ホームページ(サイト内ページにリンクします)でご確認ください)

XVL Studio WR

主な機能

E3.series から回路情報を読み込み

XVL にダイレクトに接続情報(ラッツネット)を読み込みます。接続先の部品は、メカ設計の部品を自動認識させるか、新たに配線検討用のパートを自動で発生させることができます。

3D 経路自動配線

読み込んだ接続情報(ラッツネット)をもとに経路通過点に経路ガイドを配置し、起点と複数の経路ガイド、終点を選択するだけで自動で 3D 配線ができます。

XVL Studio WR のさらに詳しい情報は、株式会社図研の製品サイトでご確認ください。

XVL Studio WR 導入事例

神鋼テクノ株式会社 様

設計段階での 3D 配線検討で製造・メンテナンス作業でのバラツキを防止

神戸製鋼グループの機械・制御設計を担う神鋼テクノ株式会社の環境エネルギー本部 冷熱・エネルギー室では、産業用冷凍機ユニットの設計で活用している 3D CAD において、先行する機械部分に加え、電気配線箇所の領域までを 3D データで融合することで、ユニット設計のシームレス化を実現し、課題の解決や組み立て精度の向上を目標に 「 XVL Studio WR 」 を導入しています。

☞ 詳細は株式会社図研ホームページでご覧いただけます

XVL Studio Z

XVL Studio Z は、エレキとメカ、製品全体の電気的仮想検証を可能にします!

従来、実機で行われている試験・検査を、メカ**とエレキ**の XVL を利用して、製品全体の干渉、エレキ設計特有の安全規格検証や静電気検証などを、軽量 3D モデルで実施できます。

** メカとエレキの設計データは XVL データへの変換が必要となります。メカ CAD は変換ソフトウェア「 XVL Converter 」を 3D CAD ごとにご用意しております。エレキ CAD のデファクトスタンダードである CR-5000/Board Designer、PCB オープン形式「 OBD++ 」の変換ソフトウェアは無料でご提供しております。(Board Designer と ODB++ からの変換製品はこちら

XVL Studio Z

主な機能

エレキチェック( オプション機能 )

安全規格検証や、静電気検証、EMC 検証を XVL の 3D モデルで実施できます。

電子部品形状の一括置換

PCB 上の電子部品をライブラリ( ePartFinder )から XVL に一括で置換/配置することができます。

XVL Studio Z のさらに詳しい情報は、株式会社図研の製品サイトでご確認ください。

この製品が構成されている XVL ソリューション

設計XVL ソリューション

デザインレビュー

試作評価XVL ソリューション

組立検証

製造XVL ソリューション

製造指示書作成

製品に関するご不明点や資料請求など、お気軽にお問合せ下さい。

XVL Studio WR / XVL Studio Z